忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

褐色細胞腫
高血圧と頭痛,めまいなどの症状をpheoで説明しようとすると,CTでほぼ100%病変をdetectできる.
adenomaは微小で分からないものもあるが,微小でCT・MRIにうつらないpheo(paragangliomaを含めて)はまずありません.
CTだと所見はいろいろ+造影効果ありで,MRIでT1いろいろ,T2high,造影効果あり,が特徴.最近ではpheoでも造影剤禁忌ではないとういう流れ.
画像まではというならスクリーニングで血中カテコラミン分画,尿は随時尿のgCre補正で,M(メタネフリン)+NM(ノルメタネフリン)>500 -1000μg/gCre:で疑診,>1000μg/gCreで確診とすると,感度97-100,特異度84-98%程度.

PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[07/10 Abuteyav]
[07/07 Adadesew]
[07/05 Azamuruf]
[06/30 Asasoteb]
[06/16 Atesetes]
最新TB
プロフィール
HN:
syu-net
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) for heaven's sake! All Rights Reserved