忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Clinical Practice Guideline - Febrile Seizures: Guideline for the Neurodiagnostic Evaluation of the Child With a Simple Febrile Seizure.
Pediatrics. 2011;127:389

熱性痙攣は、6~60ヵ月の小児の2-5%にみられる38度以上の発熱に伴う痙攣で、中枢神経系感染を伴わない。単純熱性痙攣は、持続時間が15分未満で、24時間以内には再発しない原発性の全身性痙攣である。複雑熱性痙攣は、部分発作、15分以上の持続、24時間以内の再発のいずれかを含む熱性痙攣である。

単純熱性痙攣によって、死亡、片麻痺、精神発達遅滞を起こすことはない。一般人口に比べて、単純熱性痙攣児のてんかんのリスクがわずかに高い。3分の1の児では単純熱性痙攣の再発が起こる。


Action Statement 1
  • LPは、痙攣、熱、髄膜炎の徴候がみられる小児に対してのみ実施(エビデンスレベルB:観察研究の決定的な根拠)。
  • 単純熱性痙攣を起こした6~12ヵ月の小児では、Hibまたは肺炎球菌の予防接種の状態が不明または不十分な場合、LPは選択肢となる(エビデンスレベルD:専門家の意見、症例報告)。
  • 抗菌薬投与を受けた単純熱性痙攣の小児に対して、LPは選択肢となる。(エビデンスレベルD)。抗菌薬投与によって症状がマスクされている可能性があるので。

Action Statement 2
  • 脳波検査は、単純熱性痙攣を起こしたが、それ以外は神経学的に健康な小児に対しては行わない(エビデンスレベルB)。

Action Statement 3
  • 血清電解質、Ca、P、Mg、血糖、CBCは、単純熱性痙攣の原因検索にルーティンには実施しない(エビデンスレベルB)。CBCでbacteremiaを検出できるかもしれないが、単純熱性痙攣の有無によってbacteremiaの有病率は変わらない。

Action Statement 4
  • 神経画像検査は、単純熱性痙攣後にルーティンには実施しない(エビデンスレベルB)。

PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[07/10 Abuteyav]
[07/07 Adadesew]
[07/05 Azamuruf]
[06/30 Asasoteb]
[06/16 Atesetes]
最新TB
プロフィール
HN:
syu-net
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) for heaven's sake! All Rights Reserved