忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Xakellis GC, Bennett A.
Improving Clinic Efficiency of a Family Medicine Training Clinic.
Fam Med. 2001;33:533-8
 
家庭医レジデントの教育を行うクリニックで費やす時間について調べた論文。
クリニックは、3つの独立したセクションを持ち、#1 urgent care 7室、#2・3 resident and faculty continuity clinic 8・9室の診察室があり、2人ずつの看護師が配置されている。#2・3を使って、1年目レジデントは30分枠の予約を半日で4つ、2年目は15分枠の予約を半日で8つ、3年目と指導宇井は15分枠の予約で数の制限無し。

1週間で、半日x 78コマ分のデータをとって、うち15%は1年目レジデント、17%が2年目レジデント、31%が3年目、37%が指導医、Nurse practitionerやPhysician assistantだった。7.8±1.9人が同時に診療を行った。

患者数は、半日で予約が69.5±13人、実診療数は55.5±12.9人だった。1年目は3.55人/半日、2年目4.75人/半日、3年目8.00人/半日、指導医8.22人/半日、urgent care8.35人/半日の患者の診療にあたった。

1人の患者がクリニックにいた時間は80.5±30分、受付から待ち時間の合計は52.5±26分、診察時間(プリセプティング含む)は27±16分だった。医師の経験年数毎の診察時間と待ち時間の違いは図の通り。

pttime.jpg

























考察では、年間30000人の目標のためには、3年目や指導医の患者数を増やすか、医者の数を増やすか、など。待ち時間は、医者の数が増えると伸びる傾向があるので、医者の数に他のスタッフをその都度合わせるだとか、医者が好き勝手に予約を入れるので、全体として患者が押し寄せる時間ができて波ができてしまうことを解消すべきとか。
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[07/10 Abuteyav]
[07/07 Adadesew]
[07/05 Azamuruf]
[06/30 Asasoteb]
[06/16 Atesetes]
最新TB
プロフィール
HN:
syu-net
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) for heaven's sake! All Rights Reserved