忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Gracey CF, Haidet P, Branch WT, Weissmann P, Kern DE, Mitchell G, Frankel R, Inui T.
Precepting Humanism: Strategies for Fostering the Human Dimensions of Care in Ambulatory Settings.
Acad Med. 2005;80:21-8


外来でHumanism(患者や患者の関心事・価値観に関心を示し、尊重する医師の態度、行動)をどのように指導するか、これまでの議論やワークショップ、literature review、経験から、その方法を解説した論文。

4 General Principles
  • Successful teaching begins by establishing a humanistic learning climate
  • Skillful teachers, who master complex tools for humanistic teaching, can use them selectively and efficiently in the outpatient setting
  • “Diagnosing” the learner is particularly important in outpatient humanistic teaching, as learner resistance is frequently an obstacle and the correct teaching tool often depends on the readiness of the learner to learn
  • Brief learning interactions focused on achieving specific goals and used repeatedly over time are most effective for teaching humanistic care in the outpatient setting

プリセプティングの方法について、
  1. Diagnosing the learner: Humanismの面で、学習者の状況についてアセスメントして評価する。正確な「診断」には、次の2つの情報が含まれる。①学習者の態度、知識、技術、②学習者の行動変容のステージモデル(無関心期/関心期/準備期/実行期/維持期/)での段階
  2. Integrating psychosocial issues: プリセプティングで、Humanismを扱うときには簡潔に、そして繰り返すことで補強していく形をとる。指導の仕方は、インパクトのある出来事を扱う、ロールモデルとして示す(学習者がshadowingする)、またそのロールモデルに対しての学習者の意見を述べさせる、学習者の患者とのやり取りを観察する、などの方法をとる。
  3. Debriefing and reflecting on the learning experience: 学習者がその経験を振り返るのを助け、本人の課題を言語化する
  4. Providing feedback: 指導者が観察したことに基づいて
  5. Plan follow-up: 外来指導では指導者-学習者の関係が長期に渡るので、フォローアップが可能である。そのためには、1回の指導は簡潔にして、その1回で学習者が変わることの全てを求めないこと。
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[07/10 Abuteyav]
[07/07 Adadesew]
[07/05 Azamuruf]
[06/30 Asasoteb]
[06/16 Atesetes]
最新TB
プロフィール
HN:
syu-net
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) for heaven's sake! All Rights Reserved