忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Diagnosis and Management of Depression

Essentials of Clinical Geriatrics 6th Ed. P175-211

 

 

Aging and Depression

高齢者の大うつ病の頻度は、市中で6.5-9.0%Nursing Home16-50%と報告される。Bipolarも稀ではなく、高齢者の気分障害の10-25%とされる。

 

 

Symptoms and Signs of Depression

高齢者のうつ病では、身体や認知面での症状に固執することが多く、抑うつ気分や罪悪感は少ない。身体に対する誤った認識からの訴えや、便秘・頻尿などに関する訴えを繰り返すが、悲しみなどの感情が長引くことはない。また、不安や神経質、易刺激性などを認めることも多い。

 

老年期うつの若年者うつ病との違い

1.      精神的な訴えよりも身体的な訴えが目立つ

2.      精神的不安定を否定することがある

3.      アパシーや途絶が起こりやすい

4.      罪悪感は少ない

5.      自尊心の低下が目立つ

6.      結果として生じた記銘力や認知面の機能低下を受容?(Concentrate with)できないことが多い

 

高齢者のbipolarは抑うつ気分と易刺激性が入り交ざった状態となったり、話題を急に変え、圧迫感のある会話を認めたりすることが特徴で、思考の障害や高揚した思考などは目立たない。

 

 

Depression Associated with Medical Conditions

甲状腺疾患、(癌やビタミンD作用不足、副甲状腺機能亢進症に伴う)高カルシウム血症、心不全、パーキンソニズム(による外観)、薬剤の副作用などによる症状がうつ病と間違われやすい。

高齢者にうつ症状を起こす薬剤には、降圧薬や抗癲癇薬、H2ブロッカー、ステロイド、NSAIDS、睡眠薬などがある。

 

 

Diagnosing Depression

スクリーニングツール

1.Centers for Epidemiological Studies Depression Scale

2.Geriatric Depression Scale

3.Beck Depression Scale

4.Cornell Scale for Depression in Dementia

 

基本的な検査項目

CBCESR、電解質、血糖、腎機能、肝機能、甲状腺機能、カルシウム、ビタミンD、ビタミンB12、葉酸、梅毒、尿一般

 

 

Management

SSRITCAは同等に有効だが、SSRIの方が副作用は少ない。

治療の最初のステップは、うつ病の背景にある疾患や環境などの原因を取り除くこと。

幻覚や自殺企図などの症状がある場合は、すぐに薬物療法を開始する。

SSRIの使用上注意は、嘔気などの腹部症状の副作用、自殺企図などを煽ることがあること、転倒・骨折・骨量低下を起こすことなどである。また、セロトニン症候群を避けるため、中止時は漸減する。

PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[07/10 Abuteyav]
[07/07 Adadesew]
[07/05 Azamuruf]
[06/30 Asasoteb]
[06/16 Atesetes]
最新TB
プロフィール
HN:
syu-net
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) for heaven's sake! All Rights Reserved