忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Akabayashi A, Slingsby BT, Kai I. Perspectives on advance directives in Japanese society: A population-based questionnaire survey. BMC Med Ethics. 2003;4:E5.


【デザイン】 東京に住む一般住民を対象にランダムに選択し、14項目の自記式質問紙を郵送してデータを集めた。(1) ADに関する希望や態度、認識、経験の調査、(2) この希望に影響する因子の特定、(3) 後に日本でADの導入に当たり適切な方法を検討する基礎的データの作成、の3点を目的に実施。

【結果】 560名に郵送して、425名(75.9%)が参加した。20歳から60歳以上にばらけて、平均年齢44.7歳だった。
AD(LW)の認識は、156名(36.7%)が知っていたが、記載したことがあるのは12名(7.7%)だけだった。170名(40.0%)が聞いたことがある、97名(22.8%)は意味を知らなかった。
ADへの賛同は「強く同意」115名(27.1%)、「同意」227名(53.4%)だった。賛同の理由は、「自分の希望を書いておきたい」、「自分の選んだ治療をしたい」、「家族に決断の負担をかけたくない」、「自分で選択したい」、が60%超の回答だった。また、賛同しない理由は、「必要な時に家族が決めるから」、「その時に医師が決めるから」、「元気なので必要ない」、「想像できない」が40%超の回答だった。
Leewayについて、「できるだけその通りがよいが、理屈が通るなら厳密でなくてよい」234名(68.4%)、「完全一致」45名(13.2%)、「単なる参考として」4名(1.2%)だった。
ADの伝え方として、「書面で」166名(48.5%)、「口頭で」145名(42.2%)だった。書面の場合の法律制定について、「必要」90名(54.2%)、「必要ない」40名(24.1名)だった。

【考察】 結果からは、(1)最も重要な点は、EOLでの治療の細目と診断や予後の開示、 (2)事前指示は書面よりも口頭で家族や医師に伝えることがよい、(3)ADに関する法制定の要求は強くない、(4)家族や医師が本人の事前指示を大まかに解釈することに許容、(5)代理人には家族や親戚、配偶者が適切、の5つのことが言えた。
Leewayに関して、ガイドラインや法制定によって確立されることを避け、信頼する人に解釈のleewayを残すことを好む傾向があった。法制定に賛同しないことは、日本人の権利意識の主張は自己中心的や虚栄心のように解釈される傾向がある点を文化的な要因として考察した。Leewayを好む理由として、あるイベントに対する価値観や態度がそのイベント経験によって非常に大きな影響を受けるsituational decision makingが日本で蔓延っていることを理由に挙げた。Situational decision makingはADの概念とは正反対だが、家族への「おまかせ」によってこれを回避することができるが、その「おまかせ」こそが日本の医療における文化的特徴。

【感想など】 事前指示は文面より口頭でという点は少し疑問が残る?、Leewayと日本の文化的特徴の考察は同意。研究でもここの内容が質的に示すことができているように思える。おまかせを肯定的に捉えて、ADのシステムの中にどのように組み込むかが検討のしどころか。
PR
HOMENext ≫
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[07/10 Abuteyav]
[07/07 Adadesew]
[07/05 Azamuruf]
[06/30 Asasoteb]
[06/16 Atesetes]
最新TB
プロフィール
HN:
syu-net
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) for heaven's sake! All Rights Reserved